よくあるご質問

Q.ソラトリエ ドローンスクールとはどういったスクールですか?

「まずは楽しくドローンを飛ばしていただく」ということが大前提にあり、その中でしっかり操縦訓練をしていただき、受講生の方に実際に外でドローンを飛ばすのに必要な技術と知識を身に付けていただくスクールです。 初めての方には、基本の操作を一からしっかり身に付けていただく為に、ゆっくりと指導させていただきます。すでに経験されている方には少し難易度を上げて、数多くあるメニューを順番に操縦訓練していただきます。 また、お仕事でドローンを使用される方には、実際の業務で必要な操縦技術を身に付けていただけるような、受講生に合わせた講習を行っております。 今年度(2022年度)に国家操縦ライセンス(国家資格)制度が始まることもあって、その国家資格に対応する講習ができるように、現在申請準備も進めております。

どういった方がスクールの体験・受講に来られますか?

老若男女問わずドローンを初めて飛ばされる方が多く、すでに民間資格(認定証)をお持ちで、お仕事でドローンを飛ばす方も操縦訓練がご希望で受講されています。 最近では中高年の方の新しい趣味として、ご夫婦で、またはご友人と一緒に体験・受講も増えてきております。興味をお持ちの女性の方も多く いらっしゃいますし、集中して頭と指を使うので、「脳トレ」「認知症予防」の観点から、シニアの方にもおススメです。

シニア世代ですが、受講は可能ですか? また、操縦技術は身につくのでしょうか?

はい、もちろん受講は可能で、講習によって操縦も上達する方がほとんどです。 70代の受講生の方で、受講終了後に新規でドローンの事業を立ち上げた方も数名いらっしゃいます。年代別で見ると、実は50代・60代〜の方の受講の割合が圧倒的に多いです。当スクールは、シニア世代の方の受講にも力を入れており、ドローンを操縦することで脳が活性化され、「認知症予防」や「高齢者うつ予防」の一助になると考えております。広い会場で、前後左右・高低を意識して操縦するので、「空間認知能力」や「動体視力」も鍛えられると実感しております。ぜひ、お一人はもちろん、ご夫婦やご友人と一緒に新しい趣味に楽しくチャレンジしていただきたいと思っております。

スクール終了後に、資格(認定証)は取得できますか?

当スクールでは、現時点では民間資格の認定証は発行しておりません。操縦訓練を10時間修了した受講生の方に、当スクールの「10時間飛行証明書」をお渡し致します。 10時間以上の飛行訓練を行うことで、国土交通省への飛行許可申請を行うことが可能となり、ドローンを屋外で飛ばすことができるようになります。※但し、飛行場所・飛行方法によります。
別途有料にはなりますが、当スクールでは国土交通省への飛行許可申請のサポートも承っております。

受講時間は、何時から何時までですか?

平日9時から15時までです。土日祝の受講や時間外の受講は、コートの空き状況にもよりますので、その都度受講生からご相談いただいております。

ドローン操縦中に、急に機体が落下したりしませんか?

皆さまがこの点を特にご心配されるのですが、送信機のスティックを離しても、センサーで空中停止(ホバリング)できるため、安心して操縦することができます。

受講中に機体を壊してしまった場合は?

取り扱う全ての機体が保険に入っておりますので、万が一機体を壊してしまった場合でも、皆さまに修理代を請求することはありません。ただし、インストラクターの言うことや指示を聞かず、受講生の勝手な操縦で機体が壊れた場合には、修理代を請求させていただくこともございます。

何歳から何歳まで受講可能ですか?

16歳以上から受講が可能です。16歳未満の方は保護者の同意が必要で、保護者の同伴をお願いする場合もございます。ご年配の方で不安のある方でも、上の年齢は制限がありませんので、一度お問合せください。

友達と一緒に受講する際、1枚の講習回数券を一緒に利用する事は可能ですか?

はい、使えます。講習回数券購入者とご友人1人のペア、またはご友人2人と一緒の3人グループで回数券のご利用ができます。ただし、受講申込書に一緒に受講される方のお名前・ご連絡先の記入をお願いしており、その方たちにも受講規約に同意の上、受講していただきます。

講習会場のスポーツジャングル10には駐車場はありますか?

はい、無料の駐車場がございます。ご来場の際は、中原街道(県道45号線)の動物園入口交差点よりお越し下さい。